めぐカフェのオススメとラウンジ紹介

現在、めぐカフェの実習中の(SとS)です。
今回、めぐカフェのオススメとラウンジの紹介をします。

【めぐカフェのオススメ】

現在、季節限定で販売中の和歌山県産ゆずを使ったゆず茶。
原材料はゆずと、とうもろこしからとった果糖。
ゆず茶には「リラックス効果」に加えて
「疲労回復」「血行促進」などに効果があると言われています。

ゆず茶を飲んだスタッフの関根さんのコメント
「甘すぎずほんのりとゆずの風味がして、さわやかで飲んだ後スッキリします。
ゆず丸ごと楽しめる感じです。とても温まるので風邪予防にもなりオススメです。」

もうひとつのオススメが、1月から新しく調理スタッフになった、冨田さんが作った
「クルミとチョコチップが入ったココアのマフィン」です。
明日(1/24)から販売します。


↑こちらは、スープの仕込み中。
今日は玉ねぎとほうれん草を軽く炒めて蒸し煮にしてからペースト状にしていました。
近日これを使ったポタージュスープが販売される予定です。

【ラウンジ紹介】

一面ガラス張りになっていて明るくて開放的です。
本が無料で読めます。横浜市在住・在勤の方なら無料で貸し出しできます。
ベビーチェアも2席あるので小さいお子さん連れでも安心です。
カフェのドリンクを飲みながら、ゆったり読書をするのもオススメです。

まだまだ紹介しきれない事がたくさんあります。
是非、めぐカフェ・ラウンジにお越しください!

和室で会いましょう

今日はフォーラム南太田2階の少し奥まった場所にある、和室をご紹介します。


和室は10畳で小ぢんまりしていて、落ち着ける場所になっています。


現在までの利用では、茶道着付け、少人数のヨガ、気功、日本舞踊などで使用されています。プライベートレッスンにもちょうどいいと思います。


飲み物、お菓子、お弁当などの持ち込みもできますし、ポットや急須もありますので、給湯室で飲み物の用意をすることもできます。フォーラム南太田1階にあるめぐカフェのメニューお届けサービスもぜひ利用してみてください。お届けサービスは14:00~15:30です。コーヒー一杯250円などあります。


和室ですので、赤ちゃんやお子さん連れの親御さんにもぴったり!赤ちゃんが寝転んでもOKですし、足を伸ばしてリラックス!もちろん大人が寝転んでもいいんですよ!


ここの和室は少人数利用に向いているので、リラックスできる和室で少人数の会議、お友達同士の勉強会、衣装作り、卒業アルバム作りなどの作業も、道具を広げてやりやすい!また、夜間利用もできるので、学校や仕事帰りにボードゲーム会はいかがでしょう。

お友達同士のまったりお茶飲みにもぴったり!女子会をするのもおすすめ。男子会(?)の開催もお待ちしております。

(S.A)(A.S)(I.A)

めぐカフェ(ステップ2)の実習を振り返って~「いつか私も」(R.K)

現在めぐカフェ(ステップ2 20日)実習中のR.Kです。実習終盤になったので、実習に参加してやったことや変化など振り返りたいと思います。

1.めぐカフェ就労体験に応募しようと思ったきっかけ
私は、一年間社会に出て仕事をした経験があり、社会復帰に向けてもう一度働く感覚を思い出し、力を身につけたいと思い、まずステップ1を経験しました。安心して挑戦できるめぐカフェなら、少しずつ成長できると感じ、ぜひステップ2に進みたいと思いました。私は以前から、「周りをよく見て、自分のやるべきことは何かを考えて行動する。てきぱきとした動きを心掛ける。」ということなどに苦手意識があったので、ステップ1に引き続き、ステップ2でもそれを目標にしました。

2.めぐカフェ就労体験でやったことや、印象に残っているエピソード
実習では、開店前の準備(のぼりを出す、テーブルと椅子を拭く、メニューを書く、コーヒーと紅茶を作るなど)や、お客様が注文したものの用意(スープを注ぐ、パンを温める、飲み物を入れるなど)、お客様の呼び出し、食器洗い、スープに使う野菜の準備など、カフェの業務全般を経験しました。「いつでも、わかるまで質問していいよ。」と言ってくださったので、安心してどんどん仕事を覚えることができました。
始めのうちは、仕事の一つひとつは覚えてきても、段取りよく複数の作業をするということが難しく、大変でした。「先にこっちをやってね。」と指摘されることもよくあり、うまくいかず、自分に落ち込むこともありました。しかし、そのような私でも経験を積み重ねることによって、段取りを考えて動くなどの工夫ができるようになり、スタッフの方に「ありがとうございます。」と言われた時は、とても嬉しかったです。皆さんが優しく丁寧に教えてくださり、見守っていてくださったからこそだと思っています。

3.就労体験での変化
てきぱきと行動するよう意識し、周りをよく見て行動する癖がついたと思います。また、お客様に笑顔を出せるようになりました。これらができ、無事に仕事を終えられた時は、達成感があり、「今日もよく頑張ったな、できるようになったな。」と少しだけ自信が持てました。自分も皆さんのようなカフェの一員になれたように思えました。また、私は時々家で料理をするのですが、めぐカフェで学んだ「この作業を先にやり、待っているあいだにこっちをやる」などの段取りを考えられ、時間の上手な使い方がわかるようになった気がします。

4.今後について現在考えていること
めぐカフェでの経験によって、カフェなどの接客の仕事は自分に合っているのかもしれないと感じたので、カフェの仕事や受付業など、持ち前の笑顔が出せるような仕事を考えています。しかし、ここまでお世話になったフォーラムとの出会いを大切にしたいですし、優しい方々と一緒に仕事をしていけたら、こんなに嬉しいことはないと思っているので、フォーラムなど公共の施設での事務の仕事をしたいとも思っています。以前、めぐカフェの修了生が言っていた「明けない夜はないから。何とかなるさと思える日が来るから。」という言葉に元気づけられました。「いつか私もそうなるんだ。」と信じて、前向きにやっていこうと思います。

実習を終えて・・・私の変化(絵で描いてみました)

4月から6月の実習(20日)を終えて、絵で表現することが
上手な方が、自分の当時の心境や変化などを振り返りながら
30コマの絵を使って表現してくれました。

どのような心境で実習に参加したか、、
実習を進めるうちにどのような変化があったか

とても分かりやすく表現してくれています。
どうぞ、ごらんください。

(画像を2回クリックすると拡大されて文字まで読めます)

ふり返りについては、絵が得意という話は聞いていたので、
最終日に参加前の自分、参加後の自分といった絵くらいちょっと
お願いしたいと話をしていたら、家などでこのような作品を
自分で考えて書いてきてくれました。

絵で見れるということはとても分かりやすく伝わりやすいので、
多くの方に見て頂きたいと思います。

ステップ2実習生修了インタビュー

4月~6月までめぐカフェの20日間の実習に参加していた方
全員、全日程参加で無事実習を修了されました。

ガールズ講座からステップ2まで経験して
ステップ2に進んでみようと思ったきっかけや体験して感じたことなど

少しだけインタビューしてみました。

【インタビュー】
Q:実習のステップ2(20日)にはなぜ進んでみようと?
A:(Aさん)今まで働いた経験がなくて、負い目を感じたり、
  働こうと考えても自信がなく、少しでも働くことにつなげていきたいと思って。
  (Bさん)ステップ1(10日)の時よりも自信を持ちたいと思って・・
Q:ステップ2でやってみたかったことは?
A:(Aさん)ステップ2では接客に挑戦して人に慣れる体験をしたい
  (Bさん)できることを増やして自信を持てるようになりたい
Q:ステップ2やってみてどうでしたか?
A:(Aさん)少し人に慣れることができました。また、働くことに意欲が湧き、
  チャレンジしてみたいと思えるようになった。働くイメージを持つことができた。
  (Bさん)自分にできることがどんどん増え、達成感を感じました。
  そして、自分にもできることがあるんだと自信になりました。
Q:次に挑戦したいことなどありますか?
  (Aさん)接客の分野などでアルバイトに応募していきたいと思っています。
  (Bさん)アルバイトへの応募を考えています。

実際に就労体験の間、様子を見ていると本来持っている力をもとに
自分たちで気づき、挑戦しみるみる変化していきました。

声の大きさや作業のスピードももちろんですが、
顔の表情が緩み笑顔が増えて自信が出てきている
様子がとても印象的でした。

より多くの必要な方に情報が届くと良いと思っています。

『自分の人生が大きく変われるきっかけに・・』ガールズ講座・めぐカフェ修了者による体験談

2015年の秋にガールズ講座を受講した修了生が4月のガールズ講座で体験談を話してくれました。

ガールズ応援サイトに掲載されています。

現在の状態からそれまでの経緯。

ガールズ講座やめぐカフェ就労体験に参加してなど、どう変化したのかとてもイメージができる内容です。

本文はこちらhttp://girls-support.info/voice/1973

 

カフェ実習2ヶ月を振り返って

現在めぐカフェで実習中のMです。
ステップ2の実習が始まって約2ヶ月が経つので、今までの振り返りを書きます。

ステップ2の実習をするにあたって、前回のステップ1から間があいていたので業務の流れや手順を忘れてしまっていないか、またカフェの作業やお客様に対して接客がちゃんとできるかが不安で緊張していました。

実際に週2回ほど実習を続けていく中で、最初はカフェ作業を一つ一つ確認しながら覚えることで精一杯なときやお客様が続けていらしたときなど慌てて焦ってしまうときもありましたが、その都度スタッフの方がフォローしてくださりご指導してくださったおかげで、段々と業務の流れや手順を把握することができ、落ち着いて余裕を持って行動することができてきて、前向きに実習に取り組めています。

今後残りの実習も、お客様に対しての声掛けや対応の接客などさらにできることを増やして、自分に自信が持てるようになりたいです。
また、実習終了後のことも意識しつつ、お客様に少しでも気持ち良く過ごしていただけるように、その都度自分がお客だったらどう思うかお客様の立場になって考えながら、臨機応変に行動することなども積極的に挑戦して頑張りたいと思います。

実習1ヶ月をふりかえって

 めぐカフェ実習中のKです。実習生をはじめて約1ヶ月経過したので、少し振り返りをします。
 
 ステップ2が始まる前は、正直怖い気持ちが強かったです。なぜならステップ1の実習が終了してから時間が経っていたため、忘れてしまっていることが多かったからです。なのでミスをしたらどうしよう、ちゃんと上手くできるだろうかと不安に考えてしまっていました。緊張して、ネガティブになっていました。

 4月からステップ2が始まり、1~2週目ごろはやはりミスが多く、スタッフさんにほとんど助けていただきました。ミス続きで落ち込む毎日でした。しかし3週目頃から段々と業務の流れを把握できるようになってきました。周りを確認する余裕が生まれてきました。少しずつ自分一人でできることも増えて、自信になっていきました。

 しかしまだまだ毎回ミスはしてしまいます。伝票を勘違いしていたり、手順が悪く作業に時間が掛かってしまったりと、数えればきりが無いです。いつもスタッフさんに助けていただき、感謝と反省の日々です。

 1ヶ月が経ち、気持ちの変化を感じました。初めはネガティブになっていましたが、今は前向きな気持ちで実習に挑めるようになってきました。例えミスをしても、それを次に活かそうと考えられるようになりました。ミスから学び、次に繋げていくことで、上達できるようになりたいです。また最近はチームの一員として、スタッフとしての責任感も出てきました。

 この就労体験では日々学ぶことが多く、働くことの大変さや喜びを感じ、充実感があります。残りの2ヶ月も積極的にチャレンジして、頑張りたいと思います。

 
 

実習1ヶ月を振り返って

めぐカフェ実習中のHです。
実習を始めて約1ヶ月経過したので少し振り返りをします。

・実習を始めて不安、心配だったこと
接客業は未経験だったので、自分にカフェの業務が務まるかどうか不安で仕方がなかったです。
またステップ1と違って実習の期間も長いため、休まずに参加できるか心配でした。

・実習をやってみて
最初の頃は緊張がひどく気持ちが焦ってしまい、失敗ばかりでした。
うまく作業ができない自分に対して苛立ち落ち込むことも多かったですが、カフェスタッフの方のフォローのおかげで何とか実習を続けることができています。最近ではできることが少しずつ増えてきて、小さな自信もつきました。
振り返ってみるとあっという間の1ヶ月でしたが、これからも頑張りたいと思います。

実習生H