就労体験ステップ1参加者の声

2020年度 冬(折り返し地点より)

こんにちは。
めぐカフェ就労体験ステップ1担当Nです。
コロナ禍の中、実習場所の『めぐカフェ』も臨時休店。
そのような中、実習生4名が、就労体験ステップ1に参加中です。

折り返し地点を過ぎ、実習生の声をお届けいたします。🏃 🏃 🏃

 

☕☕☕

コロナの影響で心配な面もありましたが、めぐカフェ就労体験ステップ1を実施して頂き大変嬉しく思います。
正直、こちらの企画が流れてしまったら、今後、私自身が前へ進めるのか不安な部分もありました。
本当に感謝しています。

ステップ1では受講側ではなく、スタッフ側として研修を受ける中で、
始めから飛ばして進めていくのではなく、徐々にスタッフとしての心構えや、意識を学べるように配慮して下さり、
安心して参加することができています。

第4回目の『カフェ実習ティータイム編』では、実際にコーヒーや紅茶を煎れましたが、コーヒーの豆を挽き、ポットやカップを温めるなど、細かな作業が本格的で驚きました。
そのひと手間が、お客様の立場を考えて提供されており、そして、カフェの営業側としての意識の高さを感じました。

次回の『カフェ実習 ランチタイム編』や『マルシェ・やさい市アシスタント』も楽しみにしています。

☕☕☕    

 

こんにちは。
めぐカフェ就労体験に参加している実習生です。
今はコロナ禍で、マスクをしての参加です。
毎回緊張してやっています。💦

私が印象に残っているのは、『カフェ実習のティータイム編』です。
実際に、2人1組でお客さんとお店の人役で、コーヒーと紅茶を入れました。

私は紅茶のお店の人役を担当しました。
ポットを温めたり、カップを温めたり、色々大変だなあと思いました。
コーヒーもカップに注いだのですが、ポットが思ったより重く、
実際のカフェの仕事の時、特に忙しい時に重たいポットを持つのは体力が必要だなと思いました。

就労体験も半分が過ぎ、残りも頑張りたいと思います。

☕☕☕     

 

こんにちは。
めぐカフェ実習生のSです。
先日、『カフェ実習 ティータイム編』が終了したので
振り返りたいと思います。
自宅以外でお茶をいれることがあまりないので緊張しました。

私が実習を通して思ったこと・できたこと。

・紅茶をいれる作業は見ていて大変そうだと思いました。
・コーヒーをいれる作業は、手順が多くて「大変そう」「できるかな」と思っていました。ですが、実際にやってみると、丁寧に 楽しくおいしくいれることができました。
「美味しく飲んでいただけると嬉しいな」という気持ちでいれました。
・実際にやってみることで覚えたりすることが大切だと感じました。
・トレーに置くものを忘れないか不安になりました。
・「番号ふだ 〇番のお客様、お待たせしました」とお客様に届く声で、間違わずに 言えるか不安になりました。
・足の不自由なお客様やお子さん連れの方には「お持ちします」と言う事は、自分にできそうでいいなと思いました。
・分からない所は自主的に質問することができました。

今後、ステップ2などでお客様の前に立つ時は、
思いやりの心や「ごゆっくりどうぞ」という心を忘れずに実習に臨みたいと思いました。

☕☕☕   

 

こんにちは。
めぐカフェ実習生Oです。

『カフェ実習 ティータイム編』には、コーヒー担当・紅茶担当と分かれていました。
4人いたので2人ずつに分かれて、1人はお客さん役、もう1人はスタッフ役としてやりました。
私はコーヒー担当で、スタッフ役でした。

まずカフェ実習担当の方の実演をみて、その後にやる形で進みました。
実際私がやったのはコーヒーをいれて、お客さんに出すという感じでしたが、
実演ではコーヒー豆を挽くところからやって下さいました。

コーヒー豆を挽く作業はみたことがなかったので少しワクワクしました。
ワクワクしながらスタッフ役としてお客さんにコーヒーを提供しました。

実際やってみて、コーヒーをいれる前にカップにお湯を入れ温めた後、
お湯をすて、コーヒーをいれる作業をするのですが、
その時にカップ等に、こぼれたところを拭くことを忘れてしまいがちになりました。

あと、コーヒーをいれている時にお客さんに見つめられていると緊張してしまい、
慌ててしまいますが、「慌てなくて大丈夫」だと教えてもらい、少し安心しました。

紅茶の場合・・・

紅茶は、温めるものがカップだけではなく、ポットも温めます。
ティーバッグをポットにいれ、お湯をそそぎ色を出すためポットをゆらす作業の時に、中のものがこぼれないようにするのが見ていて大変だと感じました。
ティータイム編なので、スイーツの提供もしました。
今回はシフォンケーキでした。
シフォンケーキは凍っているので温める作業をしました。
この作業では、ちゃんと中まで温まっているのかの確認がとても難しかったです。

ティータイム編を終えて・・・

前回は、ちゃんとできるのかとても不安でしたが、
当日実際にやってみてワクワクした気持ちなりました。
私は、少しカフェで働くことに興味をもっていたので、
こういう体験ができて良かったです。

☕☕☕  

めぐカフェメニューの紹介☆白いポタージュ☆

カフェ実習生の(T、T、W、F)です。本日のメニューについてご紹介します。

〇白いポタージュ〇〇

冬の野菜をたくさん使った白いポタージュスープです。

心も体もぽかぽかするメニューです。

玉ねぎ、じゃがいものクリーミーなスープです。

本日はカブと大根を使用していますが、季節によって材料が変わりますので、何度食べても新しい発見のあるスープだと思います。

 

 

材料

玉ねぎ、じゃがいも、かぶ、大根、カリフラワー
キャノーラ油、塩コショウ、昆布、牛乳、コーヒークリーム、パセリ

作り方

1、水に昆布を入れてだしを作っておく。
2、野菜はすべて5mm厚さくらいにカットする。
3、鍋にキャノーラ油を入れて、玉ねぎを炒める。
しんなりしたら、かぶ、大根、カリフラワー、塩も加えて炒める。
4、昆布水入れて野菜がやわらかくなるまでボイル。
じゃがいも加えて煮崩れるまでボイルする。
5、適量ずつ牛乳とコショウを合わせてミキサーにかける(昆布を取り除く)。
6、塩分ととろみ具合を調整する。
7、器に盛ってコーヒークリームとパセリのみじん切りを散らして完成!

 

☆コーディネーターの山本さんのこだわりポイント!!☆

・季節のお野菜を使っています。

・なめらかな触感にするために、丁寧にこしています。

・日によってスープのお野菜の形がコロコロかわいく切ってあります。

 

・注文してから、丁寧に温かいスープを用意してもらえます。

スタッフ共々お待ちしております。

今日のメニュー 韓国風ピリ辛スープ

みなさん、こんにちは。

めぐカフェ就労体験実習生のM・K・Tの3人です。

今日のめぐカフェのメニューは韓国風ピリ辛スープです!

<材料> 白菜・豆もやし・長ネギ・木綿豆腐・牛こま切れ肉・にんにく・煮干し・

花がつお・しょうゆ・塩・コチュジャン・料理酒・ゴマ油

今回は作り方を特別に公開します!

<作り方>

① 煮干しを花がつおでだし汁を作り、(寸胴で)塩、しょうゆ、酒、コチュジャンで味をつける

② 白菜の芯と長ネギと牛肉を(フライパンで)ゴマ油で炒めて①に入れ、沸騰、アクとり

③ 白菜の葉を豆もやしと豆腐とおろしにんにくを加えて、弱火で約5分

④ 器に盛って、さらしネギを散らして完成!

だしを作っておけば、あとは簡単に作れます。今日の献立に困った時におすすめです!

今日はしとしととした雨が寒かったですね。

そんな時こそ、温かい韓国風ピリ辛スープはいかがでしょうか?

めぐカフェは火曜から金曜11:30~16:00まで営業中です。

マスコットのめぐちゃんもお待ちしておりまーす!

就労体験を振り返って

めぐカフェ実習生のNです。

①就労体験に参加してみようと思ったきっかけ
・ひきこもり支援の講演会でガールズ講座のチラシをもらい存在を知った
・ブランクが長いので、決まったスケジュールがこなせるか確かめたかった
・一時期怖くて乗れなかった電車で通勤ができるかどうか試したかった

②実習で実際に行ったこと
・シフトは午前10:00~13:00、午後13:00~16:00迄
(希望を出せば連続出勤や1日勤務もできる)
・のぼり、看板、メニュー表の設置
・テーブル、いす、ベビーチェアを拭く
・カトラリー、グラスの用意
・ドリンク作り(主にコーヒーと紅茶)
・開店し注文が入ったら配膳・盛り付け・お客様をお呼びする
・皿洗い・皿拭き
・翌日以降のスープの仕込み(玉ねぎを切る、じゃがいもの皮をむく等)
・実習終盤にはレジ打ち

③印象に残っていること
・覚えることが多いけど、わからないことを聞きやすい雰囲気があった
・誰かが失敗しても周りがそれを引きずるようなことをしないところがよかった
・「お客様を呼ぶ時の声が通っている」とか「今の判断はよかった」等、ちょっとしたところを褒めていただけたことが嬉しかった
・レジ打ちをたくさんした日の終わりに「計算合ってました」という言葉を聞いた時は達成感があった

④就労体験をやった後の自分の変化
・「自分は思っていたよりやれるのだ」という自信が持てた
・スケジュールをこなす内に私生活にも張りが出た
・電車で通うことに慣れた
・ベテランのスタッフさんでも失敗する時はするのだとわかり、失敗をあまり恐れる必要はないと思えるようになった

⑤今後について
 慣れてきたところだったので正直もう少しやりたかったです。今はまだ具体的なことは決まっていませんが、サポートステーションの方とも相談しながらじっくり考えていきたいと思っています。電車通勤もレジ打ちも何とかできそうだと思えるので、職種の選択肢が増えそうです。

めぐカフェ就労体験に参加して

めぐカフェ就労体験 実習生のMです。

私は今年の7月から12月までの半年近い間、めぐカフェ実習ステップ1、ステップ2と就労体験に参加しました。
どういったことをしたか、どう思ったか、気持ちの変化はあったかなど感想をまとめてみようと思います。

まず私がめぐカフェでの就労体験に参加した理由は、安心して練習も失敗もできる場になると感じたからです。
アルバイトであっても働くなら失敗はしてはいけない、という思い込みが強くあった私はそのような考えがプレッシャーになり、行動を起こせずにいました。失敗は怖いけれどせっかくガールズ講座に参加できたのに、また立ち止まってしまうのはもったいないなという気持ちの時に、ちょうど良いチャレンジになると思い、実習への参加を決めました。それでもはじめは間違わないようにと気負っていたと思います。

実習の内容、印象的だったこと
めぐカフェの実習はステップ1とステップ2に分かれていました。
ステップ1は座学とカフェ実習を合わせて全部で10回です。前半では座学が中心で、食品衛生について、挨拶コミュニケーション、カフェでの集客の工夫やSNSの投稿などその日のテーマごとに様々なことに取り組みました。私はその中でも集客のための工夫や宣伝の仕方を考える時間が楽しかったです。普段お店を利用する側だと関われないことであり、普段利用する中で気づいたことを活かせる体験でもありました。もう一つステップ1で印象的だったのは、実習生同士で色々な意見を言い合う機会が持てたことです。その日の実習内容を振り返り、感じたことなどをシェアすることで、不安を抱えているのは自分だけではないと思えました。参加した皆がとても真面目に本音に近いことを話してくれていると思えてとてもいい時間だったと思います。
ステップ2ではカフェ実習のみ行います。ステップ1以上に多くの業務に関わることができます。後半からはレジでの対応もすることができました。一定期間続けることになるので仕事の内容を覚えられると楽しくなってくると思います。次は何をするか見通しを立てられると自信にもなりました。日替わりで色々なスープや料理、お菓子が作られるのを見るのも楽しかったです。失敗が怖いと思っていた私ですが、当然のことながら間違えたり手間取ったりすることもありました。しかしコーディネーターさんやスタッフの方々にしっかりサポートしていただいたおかげで、しっかり謝ること、どうしてこうなったか分析すること、対策することを考えられる余裕があったと思います。

自分の変化と今後について
はじめに書いたように私は失敗してはダメだという気持ちをいつも持っていたように思います。今でもそれはなくなってはいませんが、一つ気づいたことがありました。それはそう感じるのは程度の差はあっても他の人も同じということです。「テキパキと仕事をしていてすごいな」と思っためぐカフェのスタッフの方々も失敗しないように気を付けながら、時には失敗しながら工夫して仕事をされているということです。当たり前のことかもしれないですが、そのことに気が付けたことはよかったと思います。
もう一つ大切なことだと気づいたことはコミュニケーションをとることです。一緒に働く人もお客さんも働くことに自信がないと怖いと感じてしまうこともあるかもしれませんが、話をして伝えることでわかってもらう、自分の事情を知ってもらうことがとても大切なのだということを改めて感じられました。
多少気持ちの波はありながらも自分なりに整えながら実習を終えられたました。でもめぐカフェという環境とは違った場面で同じように立て直せるか不安にも思います。具体的に今後どういった職業に就くかまだ決められていませんが、ここで学んだことや気づけたことをできるだけ引き出せるように、気負いすぎずできることからはじめたいと思っています。

就労体験を振り返って

めぐカフェ実習生のN.Nです。

1.就労体験に参加してみようと思ったきっかけ

「ガールズ講座を受講することを自分で決めて最後まで通い切る」ということができたので、自分でやることを決めて行動していくということをできるようになるための次のステップとして、参加しようと思いました。

2.就労体験で実際にやったこと

実習では開店前準備~昼過ぎまでの前半シフトと昼過ぎ~閉店までの後半シフトがあります。
前半では開店準備として表ののぼりと看板の設置、テーブル拭き、メニューをテーブルに出すなどのお席の準備、ランチ用のおにぎり作りやコーヒーの準備などが主な仕事です。開店時間までにやり終えなければいけない作業がたくさんあり、周りのスタッフさんと協力しながら自分にできる仕事をみつけて作業に参加していくことが慣れないうちはとても大変でした。

開店してからはスープをよそったりパンやドリンクの用意といったメニューの提供と洗い物が中心になります。
また一通りの作業ができるようになってきた後半からはレジ打ちもやらせていただいていました。
伝票がレジ担当の方から回ってくる前に注文の声を聞きながら手早く準備をしたり、時間のかかるものの準備から先に始めるなどの順序の組み立てが難しく、混んでいる時間帯は特に焦ってしまいがちで大変な作業でした。

3.自分の変化

・できないことを「できるようになろう」と思って努力をすることに意味があると少しずつ思えるようになりました。
これまでずっと自分に自信がなく、「できなかったらどうしよう」、「失敗したらどうしよう」と思うと行動に移すことが難しいことが何度もありました。
実習に入ると最初の頃は物をしまう場所もわからないし、教わったばかりの作業は間違いがないか不安で早くできないし、まさにできないことの連続です。でもわからないことがあるたびにスタッフさんに質問をしてメモを取ったり、マニュアルで手順の確認をしたりしていたら物の場所も段々と覚えられたし、最初は時間がかかった洗い物やドリンクの準備なども早くなったと褒めていただけるようになりました。
「できないことはずっとできないのでは?」という不安がずっとあったのですが、ちゃんと意識すればできるようになるんだと体感できてとても新鮮な気持ちでした。

・不安や緊張をなくさなくても良いと気づきました。
実習に来る前はいつも今日ミスをしないか等が不安で緊張しながら来ていました。
慣れれば緊張しなくなると思っていたのですが、結局私は実習期間中に緊張しないで来た日はほぼなかったです。
けれど、最初の頃はその緊張を実習中にも引きずって焦りなどに繋がってしまっていたのが、緊張していることを自覚して気を付けるようにするとミスなく実習を終えることができました。
不安や緊張はなくさなくてはいけないものと思っていたので、あってもなんとかできるとわかったのは衝撃で、自信になりました。

4.今後について

自分に合う仕事を見つけるために、アルバイトなどいろいろなことを経験してみたいです。
今回の実習でカフェの業務を経験たことで自分にとって大変なことやできたことがいろいろ出てきて、経験してわかることはたくさんあると改めて感じました。
新しい環境へ行くことへの不安はありますが、周りの人に相談したりこの実習で得た気づきを振り返ったりしながら少しずつ乗り越えて前に進んでいけるように頑張りたいです。

就労体験を振り返って

めぐカフェ実習生のHです。

1.就労体験に参加してみようと思ったきっかけ

まず、継続して同じ場所に通うことで、体調管理やメンタル面のコントロールができるようになりたいと思い、就労体験の前に、ガールズ講座に応募しました。
ガールズ講座受講後、就労を希望していたものの、すぐに就労する自信はまだなく、就労へのステップ段階として就労体験に進ませていただきました。

2.実習で実際に行ったこと

就労体験ステップ2では、のぼりの出し入れやその日のランチメニューを黒板に書く、またテーブルや椅子拭き、カトラリーの準備、ドリンクの用意、レジ打ち、お客様へのメニュー提供、食材の下準備など、実際にカフェで働きはじめたら必要であろう一連の作業を体験させていただきました。
就労体験では、毎回作業後に日誌の提出があったのですが、その日の作業で感じた改善点を次回に生かす、ということを繰り返していました。
スタッフの方からのお声がけや作業面でのフォローをしていただけていたおかげで、通い続けられたのだと思います。

3.就労体験をやってみての自分の変化

ガールズ講座から就労体験ステップ1.2を通して、今の自分でも受け入れてくれる場所がある、という安心感を得られる場でした。
就労体験ステップ1では、グループでブログをあげる体験がありました。その中で、自分からも意見を出すという経験を通して、どちらかというと人間関係で受け身であった自分ですが、自ら発信していくという積極性も必要だと感じました。
また、就労体験に参加させていただいたことで、体調やメンタル面の波をコントロールしながら就労する意識をもつようになりました。

4.今後について現在考えていること

まずは仕事を探し、就労体験での経験を生かして、作業能率を考えた仕事の手順や状況に応じたお客様への適切な対応など、自分のできることから徐々に実践に結びつけられたらと考えています。
カフェの方はもちろん、フォーラム南太田のスタッフの皆さん、優しくお声がけいただけたのが印象に残っています。私自身も今後就労し、人と接するなかで、そうした姿勢で業務に取り組める人間でありたい、と思っています。
お世話になり、ありがとうございました。
 
 

四季のうつろいを感じながら本を片手にコーヒーを。

こんにちは。
めぐカフェの就労体験に参加している実習生です。

皆さん、めぐカフェは本も読めるブックカフェということをご存じですか?

私たちが就労体験の前に受けたガールズ講座で学んだアサーティブや、ヨガ、薬膳料理、ひきこもり女子会に関する本が置いてあります。

他にも、旅に行きたくなるような、旅行関連の本や雑誌・暮らしの本などがあります。

2018年度よく読まれた本というコーナーもあるので、そこからチョイスして読むのもいいかもしれません。
資料室もありますので、その他まだまだたくさんのジャンルの本があります。また子供向けの本などもあります。

ここで読み終わらなかった本は登録が必要ですが、無料で本の貸し出し返却も行っています。
ちなみに、ここで借りた本を他館(男女共同参画センター)で返却することもできます。

また、フォーラム南太田では現在、古本募金を受け付け中です。
★募金は若年無業女性のための就業支援事業に役立てられます。

本のお供にコーヒーとスウィーツで一息ついてみてはいかがでしょうか?

初めてフォーラム南太田に来る方へ

めぐカフェ就労体験実習生のS・O・Y・N・Nの5人です。

みなさんはフォーラム南太田がどんな場所か、ご存じですか?

私たちも通いだす前は、どんな場所なのかわからず不安でした。
なので、これから始めてフォーラムを利用する方々に向けて、この施設の雰囲気をお伝えする記事を書こうと思いました。
今日は私たちがご案内します!


これがフォーラム南太田の入り口です。
中に入ってみましょう。


中に入ると・・・


通路のむこうにラウンジが見えます!


スロープを下っていくとめぐカフェです!


めぐカフェのメニューやレジが奥に見えます。

私たちは講座に来る前、フォーラムにこんなイメージを持っていました。
「市の施設なので堅い 古くて汚いのでは? 入りづらい 通いきれるのかなという不安・・・」

しかし、実際に通ってみて、今ではこんなイメージに変わりました。
「ラウンジがガラスの吹き抜けで日差しが入る、明るい ラウンジにいる人の笑い声が聞こえて雰囲気がいい とても清潔でトイレがきれい! ランチの時間にはカフェからたまねぎやカレーのいいにおいがしてくる・・・」
ガールズ講座や就労体験も、あまり欠席せずに通えている人が多いです。

来てみたら「いいな」と思えるところが見つかる、そんな場所です。
皆さんも一度来てみてください!

めぐカフェ就労体験をふりかえって

めぐカフェ実習生のYです。

①就労体験に参加してみようと思ったきっかけ

ガールズ講座終了後、実際に就労する自信はまだ持てなかったのですが、ガールズ講座に参加させていただいたことによって得た意欲を無駄にしたくない、次に繋げたい、という思いが強く、その時の自分に出来る次のステップとして、就労体験へ進むことを決めました。

②実習で実際に行ったこと

開店前の準備として、のぼりと看板を出す、テーブルや椅子を拭く、ドリンク作り、看板に本日のメニューを書く、開店後は、盛り付け、レジ、食器洗い、ランチタイム終了後には、野菜の皮むき、カットなどスープの仕込みのお手伝い、閉店時には、のぼりと看板の回収など、色々なことを経験させていただきました。

初めは、何か不安なことがあると自分の頭で考える前に、すぐに周りのスタッフさんに頼ってばかりになってしまっていました。実習を重ねるうちに、まず自分でも考えてみて、その上で相談する、とういうことが出来ていきました。

③自分の変化

小さなステップを積み上げていく、ということを甘く見なくなったことです。毎回実習後に日誌を書いて提出することになっているのですが、その日にあったことや、自分が感じたこと、どんな些細なことでも何かヒントになると思って、全て書きとめる為に実習後はいつも遅くまで残って日誌を書いていました。そして次回改善していく、ということを繰り返しました。実習を終えた今、初めてめぐカフェのカウンターに立たせていただいた時の自分とは、考え方や、物事の受け取り方も全く変わっていることを実感しています。

④今後について

就労体験中に、企業見学会などに参加をしていたのですが、その時にご縁があった企業さんからワークトライアルのお誘いを頂いているので、まずそちらに挑戦させていただこうと思っています。就労へ繋がるかは分かりませんが、めぐカフェで教えていただいたことを元に、今の自分に出来ることを精一杯やってみようと思っています。これからも自分にとっての「小さなステップ」を大切に生きていきたいです。